慢性腰痛で座っているとお尻が痛む

座っているとお尻が痛む


49歳 女性 主婦

船橋市

初診時の訴えは
座っているとおしりが痛むと言うことで
来院されました。
昨年、MRI検査時は異常なしとの診断を受けている

日常生活でお悩みは背中、腰、お尻
膝、足の裏が辛い 。


本人曰くスポーツクラブに
行って運動をしてきてから
症状が悪化したと訴えていました。


当院での診察の結果は
腰の筋の硬結があり腰椎椎間関節の動きが悪い
そして腱反射が消失している。

整形外科的な徒手検査は
末梢神経の検査、腱反射の消失
中枢神経の検査、クローヌスはマイナス
左足の親指の筋力低下 EHL4+
左足関節の筋力低下 TA 5-

ご本人は足がつらいと訴えていますので
坐骨神経痛の疑いがあります。

今回は運動をやっての腰痛ということなので
急性期の痛みと思われますので
早期に痛みが取れるものと思われます。


元々慢性腰痛があり
神経症状もありますので
そこで過度な運動したことにより
腰痛が悪化したものと思われます。

そこで当院の施術ですが

DAマッサージ
骨盤調整
内臓マニピュレーション
の三つを行い

その結果
だいたいの痛みは取れましたが
お尻の痛みが少し残ったと
本人が訴えています。


今後の課題としては
筋の硬結を取り腰椎椎間関節の
動きを良くして関節部分の痛みを
取り神経症状を取っていきます。

ご本人のケアとしては
ストレッチや夜の寝方の姿勢を
指導します。

運動などの指導も併せて行なって行きます。

今後状態を良くすることにより
痛みが出ないようになると思われます。

合わせて体のメンテナンスを
行うことにより
症状を出さないようにして行きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 予約専用
    営業時間
    10:00-12:00
    15:00-19:0017:00
    まで

    定休日:日曜日、祝日、指定日

    [住所]

    〒274-0063
    千葉県船橋市習志野台4-10-10-1F

    [アクセス]

    新京成線、東葉高速線:北習志野駅から徒歩5分



    →Googleマップを開く


    • はまだありません。