腰からの足のシビレの対処法

足にシビレのある患者様の症例


症例のご紹介 女性 73歳 主婦

初診時の訴えは、左の足先のシビレ感で来院されました。こちらの患者様は今までに、整形外科を何件か通院していたが、病院の方ではビタミン剤が処方されたようですが、薬では神経の圧迫はとれませんので、全く変わらなかったということで、当院へ来院されました。
シビレは2014年の5月より自覚症状があり、2015年1月に整形外科で、腰のレントゲン写真と脳のMRI検査をされ、結果、腰椎の一番下が狭くなっているという診断だったとのことです。
当院の診察の結果、やはり同様に腰椎の部分で神経が触っていての足のシビレと、確定診断しました。

ひまわり整骨院独自の施術
そこで施術法としては筋肉の部分には、当院独自のもみ返しにならないDAマッサージで筋肉をほぐしてあげて、神経の圧迫は骨盤調整で腰椎椎間関節の部分を緩めてあげて、神経の圧迫をとり、回復を促します。
更にもう一つ、内臓マニュピレーションでシビレを軽減させるという施術をします。

施術期間
見込みとしては、初回1回の治療でご本人の自覚症状が軽度改善したということですので、治療を定期的にやりますとシビレが回復し、症状がとれるのではと思われます。
恐らく、神経の回復も3ヶ月~半年はかかるのではないかと思われます。
また、ご本人は急にシビレが出たと言われてましたが、基本的には急に腰椎の部分が神経を圧迫したりというのはありえません。
だんだん腰椎が潰れてきて、神経が圧迫します。

これからどうしたらいいのか?
それで、これからどうしたら良いのか。
骨盤調整で神経の圧迫をとって、神経の回復を待ってあげる。
症状が取れても、定期的にメンテナンスをすることにより、シビレでしたり、痛みというのが日常起こらなくなります。

ブログ用画像文字(831,839,841,849,851,853,856,861,863,8
足のシビレでお困りの方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 予約専用
    営業時間
    10:00-12:00
    15:00-19:0017:00
    まで

    定休日:日曜日、祝日、指定日

    [住所]

    〒274-0063
    千葉県船橋市習志野台4-10-10-1F

    [アクセス]

    新京成線、東葉高速線:北習志野駅から徒歩5分



    →Googleマップを開く


    • はまだありません。