肩関節の痛みについてのポイントや検査方法をチェックしよう

肩関節の痛みについて


肩に痛みを訴える方は多く、肩関節の病変によるもの

肩周辺の痛みで発見される頚椎からの病変、上腕神経叢

等の病変が多くあるので注意がひつようです。

これらを見落とさないように的確な診察が必要です。

最近は超音波診断機やMRIなどにより

診断の情報も増えてきた。

一般的な診断の手順としては問診、視診、触診から始まり

運動検査や神経学的検査、各種の疾患の特異的な検査を

行って原因部位をある程度決めてレントゲン検査する。

その後必要であれば関節造影、MRI、超音波、筋電図検査

等を行い確定診断をする。

主訴及び問診による肩の痛み

  1. 外傷歴のない可動制限
肩関節周囲炎、腱板断裂、石灰沈着性炎症

三角筋拘縮症
  1.  肩不安定症
反復性肩関節脱臼、亜脱臼

習慣性肩関節脱臼

随意性肩関節脱臼
  1.  外傷性疾患
肩、肩鎖、胸鎖関節脱臼

鎖骨、上腕二頭筋長頭腱断裂

肩甲骨骨折、腱板断裂
  1.  炎症性疾患
化膿性方関節炎、結核性方関節炎

慢性関節リウマチ、教唆関節炎

胸肋鎖骨間骨化症、鎖骨、上腕骨骨髄炎
  1.  神経疾患
頚部脊椎症、副神経麻痺、健康上腕神経絞扼性神経障害
  1.  スポーツ肩障害
インピンジメント症候群、肩甲轢音症

肩峰下滑液包水腫、上腕二頭筋長頭腱腱鞘炎

肩手症候群、胸郭出口症候群、肩こりなど

問診のポイント

1. 肩の痛みの部位、程度、症状、程度、経過

などを注意深く出来るだけ詳細に問診する。

患者の訴えを漫然と聞くだけではなく、てきせつなといかけを行い

愁訴の内容を明確に聞くことが大切である。

外傷を契機として起こったか、運動を契機としたかなど

について問診する。

いつ頃から起こってきたのか、どの様な痛みなのか。

軽快傾向または憎悪傾向にあるのか、放散痛があれば

その部位はどこからか、どの様な動作で疼痛が

誘発されるのかなどが大切である。

疼痛では突然起こった激痛は石灰沈着性腱炎のことが多く

夜間痛は四十肩五十肩、腱板断裂に多い。

 

2.  不安定性

 

患者が肩が外れると訴える場合は外傷を契機に

にしたものか重いものを持っただけなのか

脱臼する肢位、回数、頻度、整復方法などについて聞く

3. 年齢別に頻度の高い疾患も頭に入れておく

3 圧痛部位による診断のポイント

1. 前方

 

烏口突起

烏口突起骨折、烏口突起炎以外に

多くの肩関節疾患

腱板疎部

腱板疎部障害、四十肩五十肩

野球肩、ルーズショルダー

結節間溝

上腕二頭筋長頭腱の炎症、断裂など

腱板

腱板断裂、腱板炎、石灰沈着性炎症

大結節

四十肩五十肩、大結節骨折

肩鎖関節

肩鎖関節脱臼、肩鎖関節変形性関節症

鎖骨遠位端骨折

鎖骨

鎖骨骨折、胸肋鎖骨間骨化症

鎖骨骨隨縁など

胸鎖関節

脱臼、胸鎖関節炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 予約専用
    営業時間
    10:00-12:00
    15:00-19:0017:00
    まで

    定休日:日曜日、祝日、指定日

    [住所]

    〒274-0063
    千葉県船橋市習志野台4-10-10-1F

    [アクセス]

    新京成線、東葉高速線:北習志野駅から徒歩5分



    →Googleマップを開く