筋力トレーニングの種類の比較

トレーニングの種類の比較


さまざまなレジスタンストレーニングの種類を

比較「しんげは少なく、特定の生理的適応に

最も適切ない。

トレーニングタイプを特定することは容易ではない。

題の1つには、トレーニングの特異性と

筋力の増加がある。

トレーニングとテストが同じ種類の

器具で自重をかけて行われると、

一般的に大きな筋力の向上が示される。

しかし、トレーニングとテストで

別の器具をいると、一般的に筋力の

増加は小さく、増加しない場合ある。

理想的には、何種類かの筋活動タイプに

よって筋力を測定すべきである。

そうすると、ほかの筋活動タイプへの

トレーニング効果の転移やトレーニングの

特異性を調べることが可能になる。

トレーニングの種類を比較するには、

総トレーニング量(すなわちセット数とレップ数)、

総仕事量(すなわち、総レップ数 負荷ウェイトの

移動距離、トレーニングセッションの

継続時間を等しくする必要がある。

これらが等しくないと、

トレーニングタイプイプの公平な

比較は困難であり、あるトレーニングタイプ

のほかのトレーニングタイプに対する

優位性を証明す。

比較することは難しい。

研究デザイン上の問題として、

研究結果をほかの母集団へ

普遍化することを難しくしている

その他の点に、被験者のトレーニング状態、

研究によっては1つの筋群しか

トレーニングしていないこと、

トレーニング期間などがあげられる。

多くの研究ではトレーニング経験のない人を

被験者としているため、

その結果をトレーニング熟練者や

長期間トレーニングへ普遍化する

ことは困難である。

1つの筋群または1つのエクササイズで

得られた結果を、別の筋群や別の

エクササイズに応用することは容易ではない。

なぜなら、すべての筋群が同じ大きさ、

同じ時間経過で、反応しない可能性があるからである。

多くの研究の典型的トレーニング期間は

10~20週間であり、結果を長期間(つまり数年間)の

トレーニングにこれらの問題のいくつかある

研究の開するには根拠が弱い。

被験者は週2回、

いくつかのアイソメトリックトレーニングと

動的等外部抵抗(DCER)トレーニングを

8週間行った
具体的には、6秒間の最大随意筋活動を行う

アイソメトリックプログラムと、

10RMの負荷の50~70%、

最終的に100%を用いて10レップ×3セットを行う

DCER プログラム(デロームシステム)の2つであった。

肘屈曲のアイソメトリック筋力は、

アイソメトリックプログラムで0%、

DCERプログラムで9%増加したが、

肘伸展におけるアイソメトリック筋力は

アイソメトリックプログラムで35%、

DCERプログラムでは16%増加した。

このように、アイソメトリック筋力の

増加に関しテストを行う筋群によって、

アイソメトリックトレーニングと

DCER トレーニングのどちらか一方が優れている。

これと同じ研究で、チーティングを用いた

DCERトレーニングは、

アイソメトリックトレーニング、

通常のDCER トレーニングよりも、

肘の屈曲、肘の伸展、

そしてデッドリフトタイプの運動での

背中と下肢のアイメトリック筋力が大きく

増加することが報告されている。

そのため、全体的な結果はあいまいで、

アイソメトリックトレーニングは

比較する筋群やDCER トレーニングの

方法によって、

DCER トレーニングよりも劣っていたり

優れていたりする。

この研究では、2つのトレーニングタイプを

比較した結果は、比較する筋群と用いる

トレーニングプログラムによって変わる

可能性があることを示している。

おそらく、トレーニングタイプを比較する

場合に最も重要な要因は、

用いるトレーニングプログラムの

有効性である。

プログラムは生理的適応をもたらすのに

適切なものであろうか?

もし答えがNOならば、

その研究結果をもとにした結論には

注意が必要である。

ただ、結果の解釈は難しいとしても、

トレーニングタイプの比較に関する

何らかの結論は導き出せるであろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 予約専用
    営業時間
    10:00-12:00
    15:00-19:0017:00
    まで

    定休日:日曜日、祝日、指定日

    [住所]

    〒274-0063
    千葉県船橋市習志野台4-10-10-1F

    [アクセス]

    新京成線、東葉高速線:北習志野駅から徒歩5分



    →Googleマップを開く