腰痛で整形外科へ行きどこも異常有りません 様子を見ましょう。

腰痛で整形外科へ行きどこも異常有りません
様子を見ましょう


骨粗しょう症とは?
高齢者に多く加齢により骨から
カルシュウムが抜けていき
スポンジ状になり骨が潰れてしまう
病気である
痛みを伴い日常生活が困難に
なります。

高齢者の腰痛の原因は
骨粗しょう症にあり
早い方で60歳代で
腰痛になる方がいますが
その原因は一体何か

それはこれによって
骨が長年にわたり
潰れてくる骨粗しょう症が
原因であることが多いです
骨が潰れることにより
結果として
変形性脊椎症になります
骨が変形すると
それ自体が痛みの原因になり
腰椎の関節の痛みの原因にも
なり神経の圧迫もすることにより
坐骨神経痛にもなります
高齢になるとほとんどの
方が腰痛になりますが
その根本原因が
骨粗しょう症に
あることが大にあることが
あります

骨粗しょう症の対処法
ではどうすればよいか
まず骨粗しょう症による
骨自体の痛みであれば
1ヵ月から2ヶ月の
安静が必要です
そして病院などで
カルシトニン製剤と言う
注射を定期的に行い
骨からカルシュームを
抜けないようにすることが
第一の治療となります

落ち着いたら物理療法として
治療院などで治療をすることを
お勧めします

まずは骨の痛みが落ち着いてから
物理療法に移ることが
肝心です

治療としてはマッサージや
カイロプラクティック
鍼灸などがありますが
無理な治療は避けた方が
良いでしょう
ですが、骨や関節、神経などの
根本原因を治療をしないと
痛みが取れず
そのまま長年痛み続けることに
なることが大になることが
多いです
まずは原因である
骨粗しょう症の治療はしつつ
プラス物理的に腰の治療をすることが
ん良いでしょう

まとめ
まず初めに骨自体の痛みであれば
元は安静にし
落ち着いてから
腰の治療をする
骨粗しょう症の治療は
そのまま続けて
治療院で腰の治療をすることが
1番良いでしょう

SBM整体では
そのすべての治療が可能です
筋肉、関節、神経の改善が、
することができます

定期的にメンテナンスを
行うことにより
まず痛みを取り
痛みを出さないように
することができます


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 予約専用
    営業時間
    10:00-12:00
    15:00-19:0017:00
    まで

    定休日:日曜日、祝日、指定日

    [住所]

    〒274-0063
    千葉県船橋市習志野台4-10-10-1F

    [アクセス]

    新京成線、東葉高速線:北習志野駅から徒歩5分



    →Googleマップを開く


    • はまだありません。