頚椎症性神経根症って聞いたことない、いったい何。

実はみなさん

肩こり、首痛、手のシビレの方は

殆どの方が

頚椎症性神経根症です。

 

どの様なものか

骨の変形を伴う

頚椎の骨の変化である

神経根が圧迫され

刺激されて

神経痛やしびれなどが

出る状態である

広い意味では

頚椎椎間板ヘルニアなども

含まれます

神経根の圧迫される場所は

頚椎と頚椎の間の広さである

※専門的なは

脊柱管の前側方

椎間孔入口部

椎間孔内である

圧迫を受ける神経根は

腰部の椎間孔内椎間板ヘルニア

と同様に

障害される頚椎の下部の

頚椎と頚椎の間を

通る末梢神経である

たとえば

頚椎の5番と6番の間では

第6番目の頚神経が圧迫され

頚椎の6番と7番の間では

第7番目の頚神経が圧迫される

40~60才に誘因なく

発症するとされている

圧迫される頚神経は

6番7番が多く

次に5番、7番

7番、第1胸椎

の順である

症状

脊柱症状

神経根症状

に分けられる

神経根症状は

刺激症状、欠落症状に分けられる

ヘルニアによる神経根圧迫に

比べ

頚椎の骨棘(変形)による

圧迫ではおだやかに

進行する傾向がある

急性期

1. 頚部、後頭部、肩甲間痛

2. 時に狭心症と誤診されやすい

前胸部痛

3. 片側上肢に放散痛がみられ

頚椎の伸展で誘発され

増強される

経過とともに、重ぐるしくなり

手指のしびれに変わる

上肢の脱力は、発症直後に

突然方の挙上が不能となる

代4~-5番を除けば少ない

所見

急性期に脊柱の所見として

頚椎を軽く前屈し

上肢と反対側に傾けた姿勢を

とる

そして、上肢を挙げ手を後頭部に

あてがう姿勢をとる

それにより、神経根部が緩み

痛みが楽になる

スパーリングテスト

ネックコンプレッションテスト

が陽性となる

陳旧例としては

これらの所見が

軽微または陰性となる

神経欠落所見は各障害されている

神経根が支配する筋に関係した

腱反射の低下消失

筋力低下、筋委縮、知覚障害が

みられる

知覚障害は通常

知覚鈍麻であるが

急性期は痛覚過敏となる

場合もある

筋力低下は

第4番、5番

椎間 列で三角筋がある

治療法

当院ではこのような

治療法で患者様に

貢献しています

https://el-te.net/case_tenoshibire/

https://el-te.net/kubikata2/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 予約専用
    営業時間
    10:00-12:00
    15:00-19:0017:00
    まで

    定休日:日曜日、祝日、指定日

    [住所]

    〒274-0063
    千葉県船橋市習志野台4-10-10-1F

    [アクセス]

    新京成線、東葉高速線:北習志野駅から徒歩5分



    →Googleマップを開く